特殊ネジ・特殊リベット等・特注締結部品の製作承ります | メーカー規格から外れた特殊形状に対応

  • サイトロゴ
  • 株式会社カネコ

全国対応可能・電話相談承ります

047-351-2849

受付時間:8:00〜17:00 土日祝定休

メニュー

技術コラム

ロットピンとは?由来と特徴・特殊事例について

名称と用途

特殊ネジ・リベット製造.comが提供するロットピンに関する基礎知識

特殊ネジ・リベット製造.comが提供するロットピンに関する基礎知識

特殊ネジ・リベット製造.COMでは、各種ネジ・ボルト・ピンといった締結部品の製造に関する基礎知識を紹介しています。こちらではロッドピンの由来や特徴に関する基礎知識と、特殊ネジ・リベット製造.comが得意としているロッドピンの特殊加工について紹介をしています。

ロットピンとは?

ロットピンとは、自動車・産業機械などの部品として使用されるケースが多い耐久性が高いピンです。ロッドピンとも呼ばれます。また、ロットピンの材質としては、鉄が一般的ですが、食品業界、医療、半導体製造装置向けにステンレスの実績も多数ございます。施される表面処理としては、耐食性を向上させるためのクロメートめっきや三価クロメートめっきが用いられるケースが多いです。

ロットピンの頭部形状

ロットピンの頭部形状には、平頭や丸頭などがあります。

ロットピンとクレビスピン・ヒンジピンとの違い

ロットピンとクレビスピン・ヒンジピンはとても似ています。それぞれについて解説します。

イメージ

まず、クレビスピンとはクレビスピンの「クレビス」とは、シリンダ金具のことを指します。つまりクレビスピンとはその穴に通して、シリンダ金具の脱落を防ぐために用いられる割れピンを意味します。
詳しくは以下のリンクをご覧ください。

>>>クレビスピンとは? 由来と特徴について

イメージ

続いてヒンジピンです。ヒンジピンの「ヒンジ」とは、英語で "hinge" と書き、「蝶番(ちょうつがい)・丁番(ちょうばん)」を意味します。一般的に丁番は、ドアや箱などの開閉に必要な部品として用いられていますが、ヒンジは片側を固定して、もう片方が回転する機構という捉え方をすることもできます。そしてヒンジピンは、割りピンや止め輪、止めねじ等と一緒に用いられることも多いです。

ヒンジピンについても、詳しく解説した記事があるので、詳細は以下のリンクをご覧ください。

>>>ヒンジピンとは? 由来と特徴・特殊事例について

特殊ネジ・リベット製造.comが提供するロッドピンの特徴は?

特殊ネジ・リベット製造.comが提供するロッドピンの特徴は?

ロットピンとは特殊ネジ・リベット製造.comが得意としているものの1つです。当社ではこのように様々な締結部品の製造を行っており、家具や自動車、建築等の様々な業界の設計者の要望に応えてきました。

当社では、鉄やステンレス、銅、真鍮、炭素鋼、メッキなど、様々な素材・材質のロッドピンを取り扱っております。そのため、お客様の使用用途などに合わせて、最適な材質の提案をすることが可能です。
また、豊富な既存金型の流用により少量でも鍛造にて製作可能です。そして、研磨するときの逃げ溝はカム式旋盤で加工します。そのため、当社ではコストを抑えての製作が可能です。

>>>ロットピン 特注対応・コストダウンサービス

>>>特注ロットピンの事例一覧はこちら

ロッドピンの事例①:クレビスピン (φ5mm×25mm)
ロッドピンの事例①:クレビスピン (φ5mm×25mm)

続いて、当社が実際に製作したロッドピンの事例です。

1つ目は、横穴加工が施されたロッドピンです。本製品における加工としては、軸の先端近くに一般的な横穴加工を施しております。
>>>この製品の写真をもっと見る

ロッドピンの事例②特注クレビスピン
ロッドピンの事例②特注クレビスピン

2つ目は、特注クレビスピンという製品です。本製品の加工における特徴として、ピンの先端がテーパー形状となっていることと、コストダウンを目的として金型による圧造(冷間鍛造)により加工を行っている点があります。
>>>この製品の写真をもっと見る
また、製品の寸法精度や幾何公差について検査が必要となる場合でも、メーカーとの共同開発品である画像測定機”View Checker”を用いることで、全数画像選別検査が可能にして、これによりお客様先での不良率ゼロを実現しています。
>>>View Checkerはこちら

ロッドピンに関するお困りごと、なんでも解決いたします!

ロッドピンに関するお困りごと、なんでも解決いたします!

特殊ネジ・リベット製造.comを運営する株式カネコは、ネジの2次加工と冷間鍛造における日本屈指のプロフェッショナルとして、様々な特殊ネジや特注リベットの製造・2次加工を行ってきました。また当社は、全国各地にあるネジ加工のサプライヤーと構築した強固なネットワークを保有しています。そのため、当社によるVA/VE提案をするだけでなく、最適なネジ加工のサプライヤーも踏まえたコストダウン提案をすることができるため、お客様に最適な商品をお届けすることが可能となっております。

つまり当社では、加工技術にあまり詳しくないネジ商社と比較して、より安く、よりお客様のご要望に沿った締結部品を提供することが可能となり、これらの理由から大手メーカー様からも支持されてきました。

さらにカネコでは、製品の熱処理やメッキ処理、全数検査まで対応しております。当社では業界に先駆けて、画像処理選別機を開発・導入し、TS16949/ISO9001などの国際標準基準に対応した最新の検査システム開発を行っています。この最新検査システム「View Checker」では最大4台のカメラを内蔵し、1台あたり1/60秒の超高速画像処理を実現しています。4台のカメラでは、128ヵ所の計測と256ヵ所の特徴抽出を1秒間に15回行う能力があり、最小で±0.02㎜の寸法公差にもなる高精度検査にも対応します。
>>>View Checkerはこちら

「専用のネジやリベットがほしい!」「特注や追加工が必要な締結部品は、価格が気になる...。セットで注文したら安くなる?」「在庫やサービスはどうなの?」こんなお問い合わせやネジに関するお困りごとは、なんでも解決いたします。少しでもお悩みの方は、まずは特殊ネジ・リベット製造.comまでご連絡ください!
>>>お問い合わせはこちら