特殊ネジ・特殊リベット等・特注締結部品の製作承ります | メーカー規格から外れた特殊形状に対応

  • サイトロゴ
  • 株式会社カネコ

全国対応可能・電話相談承ります

047-351-2849

受付時間:8:00〜17:00 土日祝定休

メニュー

技術コラム

SUS製の締結部品の材料選定のポイント

材料選定

締結部品の材料選定におけるポイント

締結部品の材料選定におけるポイント

冷間鍛造加工により、締結部品を製造する場合には、材料についても十分に認識し、理解することでコストダウンの提案が可能です。

ステンレスの代替材XM-7
ステンレスの代替材<b>XM-7</b>

例えば、SUS303、304であれば、鍛造専門の材料(圧造鋼)としてXM-7というSUS相当材料が存在しています。 この材料の特徴としては、SUS材に対してがブレンドされた圧造鋼であり、塑性加工において加工性に優れているという点が特徴としてあげられます。

>>>XM-7製の製品事例はこちら

XM-7の材料コストとは?
XM-7の材料コストとは?

また、XM-7の材料コストはSUS303、304と比較すると同等もしくはそれ以下での材料コストにより製造お行うことが可能となります。 特殊ネジ・リベット製造.comではこのような特性も理解した材料提案が可能であり、最適なコストで高い品質の締結部品の提供が可能となっています。

>>>XM-7製の製品事例はこちら

  • お問い合わせ
  • 締結部品開発センター